業界調査についての情報が満載です!

このサイトでは、そもそも業界調査とは何かについて解説しています。
その次に、同調査の必要性とメリットが具体例を挙げながら述べられます。
それから同調査の活用方法に関して、一つ一つ手順を追いつつ言及されていきます。
そして、おさえておきたい調査の種類に関して優先順位をつけながら明らかにされます。
全体的には初心者にも分かりやすく記載されており、マーケティング調査の初歩テクニックを学べるのが魅力となっています。

いろんな場面で役に立つ!知っておきたい業界調査テクニック

いろんな場面で役に立つ!知っておきたい業界調査テクニック 業界調査テクニックは、事業アイデアなどが競合他社のものでないか確かめるのに役立ちます。
商品・サービスの開発において、最も肝心なのが他の商品・サービスとの差別化にあります。
競合商品を業界調査テクニックで見つけた場合、その価格や宣伝方法についても調べることになるわけです。
調査の方法としては実際に商品を購入して、自分で使ってみるのが有効です。
業界調査のテクニックとしては、インターネットも選択肢の一つです。
有料データベースなどには、具体的な販売先や仕入れ先など詳細な情報が掲載されているものです。
競合他社の販売ルートや仕入れルートが把握できれば、自社にとってマーケティングを有利に進めることも可能になります。

業界調査が必要になるタイミングはどういう時か

業界調査が必要になるタイミングはどういう時か 業界調査が経営上有効であると分かっていても、必要になるタイミングがイメージできない方も多いでしょう。
業界調査は、主に新規事業開発や、既存の不採算事業の改善の際に用いられます。
新しいビジネスを立ち上げることになっても、既に他社が参入していたり、自社が考えるような需要がなかったりすることはあるものです。
多くのリソースを投じて進める事業であれば、失敗は許されないでしょう。
業界調査を行うことで、企画会議をスムーズに進められるようになるのです。
業界調査を専門に行う調査機関には、各方面の有識者が多数在籍しているものです。
依頼をする前に、どのようなデータを収集して欲しいかを決めておけば、企画を裏付けることができる定量的なデータを集められるのです。
自社で経営企画の会議を行う際でも、市場調査結果をまとめた定量的なデータがあるほうが良いものです。
社内の決済の場だけではなく、顧客や取引先へのプレゼンテーションの場においても調査データがあるほうが良いのです。
開示されているデータとは違い、競合他社の職種別営業要員数や、カテゴリー別の商品売上など、細かな情報も収集できるのが、業界調査により得られるデータになります。
必要になるタイミングで求めるデータを入手できるように、収集データを明確にしておきましょう。

業界調査に関する情報サイト

業界調査